朝のこない夜はない

子供のころ、うちのトイレに、日めくりカレンダーがかかっていました。
そこには、毎日、一言が書いてあったのですが、
子供には読めない漢字を使ったものもありました。笑

そんな中、20年以上たっても覚えている一言があります。
「朝の来ない夜はない」です。

当時、言葉通りにしか理解できず、
当たり前のことなのに、なぜ、わざわざ書いているのだろう、と思っていました。

それが中学生、高校生となるにつれ、
なにが言いたいのかは理解できるようになりましたが、
実感として、深く感じたことはありませんでした。

それがここにきて、ようやく、しっくりと自分の中に落ちてきました。
もしかしたら、夜のまま、一生を終えてしまうこともあるかもしれません。
あまりに夜が長すぎて、途中で我慢できなくなってしまうかもしれません。

それでも、いつか、必ず朝が来ることを信じて生きることで、
心の支えになり、生きるエネルギーになるのです。

去年から今年にかけて、いろいろとあり、
次から次へとトラブルや困難が現れてきますが、
妄想かもしれませんが、遠く遠くにほんの少しですが、光が見えてきた気がします。

あとは、できることは、今までどおり、
そこに向けて、一歩一歩、足を前に出していくしかないのですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>