行動することに慣れること

ボールやタイヤなどは、コロコロと転がっている間は、軽く押してあげるだけですみますが、
一度止まってしまうと、また動かし始めるのに、余分な力が必要になります。

これは人間にも当てはまるように思えます。

新しいことをはじめようとするとき、頭の中でイメージすることから、
実際の行動に移す瞬間、大きなパワーが必要となります。

しかし、ここを乗り越えて動き始めてしまえば、
後は進めるしかありません。

もしかしたら、間違えているかもしれない。
もっといい方法があるかもしれない。

いろいろと悩み、考えることはあると思いますが、
それでも進もうという気持ちがなければ、
途中で止まってしまうし、そのままゴールにはたどり着きません。

そして、一度とまってしまうと、また動き出すのに、余分なパワーが必要となります。
よく、仕事でもいろいろな人の思惑が絡むような案件の場合、
納得のいかない理由でペンディングになったり、延期になったりすることがあります。
その場合、再度、スタートさせようと思っても、メンバーのモチベーションはうまくあがらず、
結果的に、つまらないものができてしまうことがよくあります。

せっかく、行動に移し始めたのであれば、
一時的に歩む速度を落としてでもいいから、決して止めないことが大事です。
つまり、行動することを習慣化してしまえば、余計なパワーや、心配、マイナス思考という、
負の影響を受けにくくなります。

そしてうまく軌道に乗ってしまえば、後は、それを運転するだけなのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>