大局観

大局観(たいきょくかん)とは、将棋や囲碁などのボードゲームで、的確な形勢判断を行う能力のこと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%80%E8%A6%B3

だそうです。

将棋の羽生名人が講演を行い、いろいろと考え方を披露したそうです。
実際に聞いたわけではありませんが、その内容をまとめたサイトを見て、
大局観という言葉に興味を持ちました。

http://d.hatena.ne.jp/gatonews/20111208/1323337181

人は、焦ったり、周りが見えなくなったり、落ち込んだりすると、たいてい視野が狭くなります。
そうなると、いい選択肢は見つからず、さらにドツボにはまることも少なくありません。

そんなときこそ、大空を飛んでいる鳥から地上を眺めるような感覚で
俯瞰的に見ることを意識するのは忘れがちですがとても重要なことだと思いました。

全体を第三者の目で見ることで、冷静になり、凝り固まった固定観念を取り外し、
細かなことを気にしないで大きな意味で正しい方向を見極めることができます。

もちろん人間ですから、誰でも失敗するし、悩んだりもします。
ただ、そんなとき、続けて失敗をしない、冷静さをなくして初歩的な過ちをおかさない、
そんな地味で些細なことかもしれませんが、それが結果として大きな差となり現れるような気がします。

なにか目の前のことでいっぱいいっぱいになったとき、
大きく深呼吸をして上を見上げて、青い空の遠くから見下ろすイメージを持って、
そこから判断をする、そんな習慣を忘れずに持ち続けたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>