感動することって

今までに観た映画で感動したのはなんですか?
今までに読んだ本で感動したのはなんですか?

人は、いろいろなジャンルの情報をいろいろな媒体から取り入れ、
そこに感動を見つけます。

感動で涙を流すと本当に心が洗われるようで、
すっきりとした気持ちになります。

では、その「感動すること」の共通点はなんでしょうか?

自分自身の今までの経験を振り返ると、
よく心が熱くなり、感動する瞬間は、
「スポーツを見る」、「映画を観る」、「本を読む」、「音楽を聴く」ことで生まれます。

そしてその内容や理由を一つ一つ、考えてみると、すべてに共通点がありました。
それはどの瞬間も「人間が一生懸命に生きているシーン」でした。

映画ではドキュメンタリーから、サスペンス、アクション、ヒューマン、ラブストーリーなど、
ジャンルはたくさんありますが、どの映画でも、その主人公が、場合によっては文字通り、
「命」をかけてなにかを達成しようとしているとき、または挑戦しているとき、心の中がぐっと熱くなります。

このあたりの感動するポイントは人によって、微妙に違うかもしません。
だけど、「感動すること」は誰の心も豊かにし、
人間らしくいられる重要な要素だと思います。

毎日の仕事や生活に追われてしまうとついおろそかになりがちな心のケア。
「感動」することでカサカサになった自分の心に栄養をたっぷりとあげて、
明日からのエネルギーを蓄えてみるのも大事な時間ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>