新しいものを手に入れるときには、なにかを手放さないとならない

当たり前のことですが、人間には手は2本しかありません。
ということは同時に2つの物しか持てません.

これは、「2つしか持てない」というよりも、
もしかしたら「2つ持てれば充分」という考え方もあるのではないでしょうか。

子供の頃、オモチャを1つ買うと、
そのシリーズ全部が欲しくなったことはありませんか?

結局、今振り返ると、全部集めても、「手に入れた」ことだけで満足してしまい、
実際に遊ぶおもちゃはその中のお気に入り1つだったりしました。笑

人間は、気がつくと次から次に欲が出てきてしまい、
その欲のまま物を集めると最終的に、身動きがとれないぐらい物で溢れてしまいます。
そして、最後にはもうなにかを捨てないと新しいものが入らない状況になってしまいます。

欲があるということは、常に現状に満足せず、もっとがんばろうという、向上心、探究心にもつながりますが、
同時に本当に自分に必要なものかどうかを見極めることも同じぐらい大事なことです。

そして、人生において、本当に必要なものとはそれほど多くはないはずです。

自分自身、最近になって、ようやく、本当に失いたくないものがなにか見つけたような気がしますが、
逆にそれ以外にも不要なものもたくさん抱えていました。笑

まずは、小さなことからでもかまいません。
部屋の掃除をして、本当に必要なものを選んで、それ以外のものを思い切って手放してみませんか!
手放してみて、はじめて、手に入るものもあるし、手放してみて、はじめて、大切なものがわかったりします。

そして、自分に必要なものを見つけることで、
今後、決断を迫られたとき、迷わずに選べるようになるはずです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>