手を抜けば楽になる、手を掛ければ楽しくなる

日本語で「楽」という文字と「楽しい」という言葉。

一見、同じ漢字を使っていて、似ている印象がありますが、その意味は大きく異なります。

もちろん、「楽」をしちゃいけないわけではありません。
人類の進歩ではより快適な生活、安全な生活を目指して変化していきます。
その中に「楽」への追求がなければ、もしかしたら今でも、洗濯物を手で洗い、
ほうきとちりとりで掃除していたかもしれません。

一方で「楽しく」なるにはそれなりの愛着、執着が必要です。
その感情が芽生えるまでには、努力や苦労が伴う場合も多々あります。

生きていく中では、「楽」も「楽しい」もどちらも重要な要素。
その違いを間違えずに、状況にあった選択肢を選びたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>