頭で考えず、心で感じる

今振り返ると、子供の頃は、なにも考えずその場の感情や
気持ちで動いてたことがものすごく多かった気がします。

それが知らないうちに知識をつけていくなかで自然と、
多く選択肢を探し、リスクを想定し、世間の目を気にしながら、
いつしか無難な道を選ぶようになってきました。

これは本当の意味で「成長」ということなのでしょうか。

もちろん、それによって怪我をしたり失敗したりする回数はぐっと減ります。
「学ぶ」という点ではたしかに「成長」しています。

だけど、それは同時に「少ない可能性」を毎回、否定しているようにも感じます。

失敗をしない、決められた枠の中で効率的に成果を出すのであればいいかもしれません。
ただし、定められた枠の外には出れないし、誰がやってもいつやっても同じ結果になりがちです。

今までの経験の中から学んできたことをフル活用するのは大賛成です。
ただ、もしも迷ったならば、もっともっと枠を壊して自分の個性を最大限に出して、
思ったこと感じたことも考慮して、自由に判断してみませんか!

頭で考えることをやめたとき、自分の純粋な心が進むべき道を決めてくるはずです!

Don’t think feel  ~ブルール・リー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>