PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ

サッカーの試合で、同点のままPK戦になることがあります。

もうここまで来たら、運しかないのかもと思うぐらい、
実力だけではないなにかを感じずにはいられません。

しかも、PK戦は成功するのが普通で、外すほうが珍しく、当然目立ってしまいます。

この前のワールドカップでの日本代表戦も、成功した選手の名前が出てこなくても、
失敗した選手の名前は記憶に残りました。

たとえ、成功してもヒーローにはなりにくく、
逆に失敗するときだけ注目され、時には非難される役割。
その責任、任務を担ってフィールドに立つこと。

もちろんスポーツだから結果が大事ではありますが、
その名誉も責任もプレッシャーもすべてを背負って挑戦する勇気。

そこに目に見えない本当に大事なものがある気がします。
だから、それを知っているチームメイトは決して、失敗した人を責めないし、その結果に納得できるのです。

「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ」   ロベルト・バッジオ
(バッジオの場合、自分がPKを外した後に言った言葉なので、ちょっとだけガクッとしましたが。笑)

http://konys.exblog.jp/11437528/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>