やらない理由を考えてみると

普段、生活しているといろいろな場面で選択を迫られたり、
決断しなければならないときが訪れます。

そんなとき、人間は潜在的に今までと「変化」する方の道を避ける傾向があると思います。
それは、現状を続けるほうが、楽だったり、安心だったりするからかもしれません。

自分自身、今までにそれで何度も「変化」しない道を選択してきました。
そして、今思うのはそれは間違った選択ではなかったけど、最善の選択でもなかったと感じること。
大きな失敗をしなかった分、大きな成長もなく、同時に大きな成功もなかった気がします。

でも、今年、その考え方を根本から変えることにしました。

まず、はじめに考えたのは、なにかを決断するとき、
「変化」する道を選ばない理由を考えてみることでした。

このとき、誰かに話したり、説明するわけではないので、できるだけ自分に正直に客観的に考えるようにしています。
そうすると、大抵出てくる理由が
新しいこと(変化)に挑戦すると・・・
「手間がかかる」
「やらなきゃならないことがたくさんある」
「誰かに相談・お願いしなきゃならない」
「時間を使う」
など、一つ一つは、決定的な理由にもならない単なる自分の「怠慢」という言葉を置き換えているような場合がほとんどでした。

最初のうちは、そこまで自分でさらけ出して、頭で理解するのは、抵抗がありましたが、
続けていくうちにだんだんと慣れてきました。笑

あとは、そんな自分に腹立たしく思ったり、むなしく感じたら、
挑戦してみればいいだけです。

これから、新しいことに挑戦します。もしかしたら失敗するかもしれません。
でも、冷静に考えるとやってみる価値はあるし、それが最善の選択肢だと感じています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>