10000 時間の法則

人にはみんななにかの分野で秀でた「才能」があると思います。

もちろん、それは直接、仕事につながっていなかったり、
まだ本人もその才能を自覚していなかったりすることもあります。

では、もしなにか新しいことをしようと思ったときに、
「才能」がないとわかったらあきらためたほうがいいのでしょうか?

人は「10000時間」をかければおよそその分野でのエキスパートになるそうです。
それは特別な「才能」なんかじゃなくて日々の積み重ね。

もちろん、そんなに時間をかけないでも途中から、かなりの知識、スキルを身につけて、
その道の達人になっていることもあるでしょう。

ただ、どんなジャンルにしても【今日の一歩(1時間)】から始めなければ、
なにも始まらないんですね。

http://lifehacking.jp/2008/11/the-law-of-10000-hours/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>