考え方を変えたら人生が変わる!?

もしも、まったく、同じものを食べて、同じ行動をしている2人がいたら、

その2人は、同じような健康状態で同じような人生を歩むのでしょうか。

ひとつひとつの出来事に対して、考え方を変えて取り組むことで
その結果は大きく異なるという実験結果があるそうです。

============================

Langer教授は、4つのホテルの従業員に
「仕事はいい運動にもなり、健康と行動的な生活のいいガイドラインになる」
と話しました。他の3つのホテルの従業員には、教授は何も言いませんでした。

2週間後、教授は2つのグループを比較。
自分の仕事が健康にいいという話を聞かなかった女性従業員は、
体重、体脂肪率、血圧共に変化が見られませんでした。
対照的に、仕事が健康にいいと聞いた従業員は、
平均で体重が2ポンド落ち、体脂肪率が0.5%下がり、血圧が10%下がったのです。

============================

なんの効果もない薬を飲ませても、病気がよくなったり、痛みが消えたりする
「フラシーボ効果」というのもあります。

昔から「病は気から」というように、考え方次第では、物事の結果が大きく変わるのです。

それはもしかしたら、人間の自然治癒力の力かもしれません。
でも、人間なんだからそんな風に科学や計算だけでは測りきれない
内面的な要因が少なからず影響するのが普通だし、
それならば考え方・感じ方をよい方向に変えて生きたいですね!

たとえば、今やっている仕事ややらなきゃいけない作業も
楽しみを見つけてながら挑戦するば、早く終わるし楽しい時間になるかも!?

やってみるならほんの小さなことからでもいいので、今すぐスタートです!

http://www.lifehacker.jp/2011/06/110603_expectations.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>